若手おいさんの日記

思い思いに、写真を添えて。

211127_東海道新幹線

f:id:oitanshi:20211127211719j:plain

PENTAX KP + smc PENTAX 67 300mm F4
F5.6 1/320 ISO-640

 先週の土曜日。ドクターイエローを撮り終えた後は、すぐの下り新快速電車で引き上げようと考えていたのだが、厚い雨雲の切れ間から射す陽光が遠くの線路を劇的に照らしていたので、少しだけ居残って何枚か撮っていくことにした。

 車両形式がほぼ統一された東海道新幹線は一見面白みが無いように見えるが、技術の粋を集めた流線型のフォルム、それによって実現される285km/hで金属の塊が疾走するという超自然に太陽光や雨雪といった自然が折り重なった結果として我々が目の当たりにする光景は、無限通りである。もちろん他の路線についても同じことが言えるわけだが、東海道新幹線の場合、車両という1つの要素が固定されたことで、その他の変数に対する見る者の感度が相対的に上がっているのだと思う。

 一般的には鉄道写真を撮るには不向きとされる雨降りの日に新幹線を撮りたくなる理由を考えると、つまりそういうことなのだろうという結論に至った。