おいさん的社会人3年目の日記

お暇な方はお付き合いください。

パソコン周りのこと

今日の仕事は早出なのですが、気づいたらこんな時間までネットサーフィンしてしまっています。。。

さて、今のPCを買ってから5年が経ちました。ここ最近になって、ディスプレイドライバの応答停止が頻繁に見受けられるようになりました。そろそろガタがきたんかなぁ、と。

でも、今のPCにはかなり愛着があるので、おいそれと簡単にポイできないのも事実。

使っているのはSONY製のVAIO Z(VPCZ1)。

http://www.sony.jp/products/picture/large/z11_s.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、SONYの製品で“Z”を冠するものは、その時点における究極の完成形として世に送り出されます。そう、Zはフラッグシップなんです。

デジタル物で5年というと、ハードもソフトもかなり進化しますが、VPCZ1のデザインは全く古臭さを感じさせません。性能はもちろんですが、このPCを選んだ大きな理由はその洗練性にありました。当時の謳い文句であった「究極のモバイル」は色褪せず。

買い換えるにしても、このタイミングの出費はかなりの痛手ですし。。
完全に止まってしまうまで、もうしばらく頑張ってもらうことにしますか。

ジンベエジェット

f:id:oitanshi:20151107194555j:plain

自宅の比較的近いトコロに福岡空港があって、毎日頭上を色んな飛行機たちが行き交っています。

この前、JTAのジンベエジェットが空を舞っていました。やっぱりJALはかつての太陽のアーク塗装よりも、鶴丸の方がしっくりきますね。

化粧水にちょっと感動したので

街行く人々の装いもすっかり冬となり、無印なんかを覗いてみても、アロマディフューザーがモアイ像よろしく横一列に並んでいます。もうそんな季節になったんですねぇ。季節の移ろいは実に早いものです。紅葉狩りがまだの方は、急いだほうが良いかもしれません。

さて、私は温泉が好きです。特に別府や湯平の温泉が好きなので、実家に帰ると必ずどこかのタイミングで浸かりにいきます。水道水を加熱しただけでは得られない、色んなものが溶け込んでいる感MAXの、包容力と優しさを感じられる肌触りが良いんですよ。とはいえ、風呂あがりの肌乾燥は避けて通れません。普段はシーブリーズの全身薬用ローションを塗りたくっていますが、この前実家に帰ったときに、ウチの母親が使っている化粧水を借りることがありました。

それがコレ↓↓↓

Koo(クウ) ヨーロピアン・セラウォーター フルボトル (200ml)


けっこういい値段します。
シーブリーズと同じテンションで使っていいものでは決してございません。

公式HPでは次のように説明されています。

“長時間ろ過され、湧き出る天然水以上に小さく分離処理をしたナノミクロンの水は、表面に留まらず肌の奥まで浸透していきます。もうひとつの成分、オーストリアのエルサッサー養蜂場で取れるヨーロピアンハニーは、ポリフェノールの含有量が高く、お肌をさびさせない働きや、炎症のサポートといった特徴を持っています。”

確かに使ってみると、肌にスーーッと浸透していく感じ。これはイイ。
ベタつきもありませんし、ナチュラルな使い心地を求める人には良い商品でしょう。

ヒマな時間の使い方

 

f:id:oitanshi:20151105140050j:plain

別府の熱い湯に浸かり、冷麺をすするのが休日の楽しみです。

社会人になると自分の時間が減ってしまう。こんな思い込みがありましたが、実際のところ、案外そんなこともないんじゃない? と最近感じるようになりました。


幸い、私の勤める会社は“ブラック企業”ではありません。残業代はきちんと払ってくれますし、定時後も残っている社員に対しては、「早よ帰らんね」と周囲も気遣ってくれるほど。働く環境だけを見れば、この上ない会社だと思っています。

それなのに色々と悩んだり愚痴が出たりするのは、要するにヒマなんやろうなぁ、と。(笑)

もちろん、プライベートをうまく充実させることができれば、悩む時間が減るわけです。しかし残念ながら、ネガティブ思考で面倒くさがりな私は、洒落た休日を優雅に過ごすなんて器用なことができないのです。

ストレスを発散するとはよく言ったものですが、私の場合、面白くないことをつい考えてしまう時間を別の何かで埋めてしまう、と考えた方が良さそうなのです。のんびりボーっとするのは、目の前にキレイな景色が広がっている時だけにしましょう、と。俗っぽい人工的なものが目の前にあるときは、ボーっとしちゃいけません。この前あった嫌なことが、ふと脳裏を過ってしまうからです。

お客さん相手の仕事をやっていると、世を厭う瞬間が多々あります。高校のころによく読んだ古文では、やたらと出家する主人公が多かったのですが、彼らが俗世から脱して山奥に篭りたがった気持ちが少しわかるような気がしています。

負の気持ちをうまくマネジメントすることが、社会人2年目も半分を過ぎた、これからの私にとって一番大きな課題、なんでしょうなぁ。

お金を稼がないとこの社会で暮らすのは難しいけれど、何で稼ぐかってことは非常に大切なことだと思う。中でも、自分の仕事にやりがい(という名の単なる自己満足)を感じられるかどうか。この自己満足は他人に押し付けると危なっかしいものでしかないけど、自分の中で完結させておけば大きなエネルギーになるし、仕事そのものに対する誇りみたいなものも芽生えてくる。

今の自分にはそういう部分が足りていないんだろうなぁ、と。

世の中の全てが嘘に見えるし、日本という国の民度の低さに辟易する毎日。現状を打開するには諦めと割り切りしかないのだろうけど、困ったなぁ。。

金沢のつづき

f:id:oitanshi:20150716233025j:plainこれがかの有名な「鼓門」。
こういうランドマークのある駅っていうのも珍しいなぁ。

f:id:oitanshi:20150716233404j:plainとりあえず乾杯、と。

f:id:oitanshi:20150716233438j:plain最終日の「ひがし茶屋街」。
金沢市内は周遊バスが走っているので、それを使うと各見どころまで便利にアクセスできる。1日乗り放題のパスが500円で売っていたので、それを使った。

金沢に行ってきた

f:id:oitanshi:20150715005454j:plain北陸新幹線の開業でアツい北陸だが、九州住まいの私にとっては縁の遠いお話。
「のぞみ」と「サンダーバード」を乗り継ぎ、片道およそ6時間かけて行ってきた。

f:id:oitanshi:20150715005741j:plain真新しい新幹線の改札口を覗いてみた。
東京からの列車が到着した際には激しく混雑していた。駅員さんの数が圧倒的に足りていないようだったけど、大丈夫だろうかと思わず心配になった。

 


f:id:oitanshi:20150715010014j:plain初日はあいにくの土砂降りだったが、あえて「なぎさドライブウェイ」まで足を伸ばした。多くのメディアでも取り上げられているのでご存知の方も多いだろうが、この砂浜、車で走り抜けることができるのだ。

f:id:oitanshi:20150715010211j:plainこんな感じで、大型の観光バスも難なく走ることのできる力強い砂浜なのである。

―つづく