若手おいさんの日記

基本3行、高ぶったら数行

iPad新調

昨年末にiPadを新調した。

それまでは初代iPad Airを持っていて、大学4年生の冬に買ったのでもうかれこれ5年ほど使っていたことになる。購入当初はサクサク動いてくれていたのだけれど、OSやアプリの環境が変化したこともあって、かつての機敏さもすっかり失われてしまった。

ということで、マジメに買い替えを検討。

まずはガジェット系のニュースサイトを見てみる。やっぱりiPad Proが激推しされていた。実物を触ってみても「いいなぁ…」と心が傾きかけたが、SIMスロットありモデルだと64GBでも10万円を超えてしまう。併せて欲しいFolioカバーも超絶高額で庶民には買えぬ。でもiPadは必要。

…ということで、落ち着いた先は第6世代の無印iPad

128GBのセルラーモデル。持っていたiPad Airが6,000円強で下取りしてもらえたため62,000円(税込)で購入することができた。

f:id:oitanshi:20190105171257j:plain

何か考え事や作業をする際はこのスタイルで。
キーボードは先代のiPad Airの時から使っているものを流用。単3電池2本で動くところがとても素敵で気に入っている。打鍵感も好み。

フルラミネーションディスプレイじゃなかったり、リフレッシュレートが60HzだったりとProに比べれば見劣りすることもあるけれど、
 ・スマホと比べて段違いで情報を把握しやすい。
 ・スマホと比べてスクロール回数が少なく比較的目が疲れにくい。
 ・バッテリー持ちが良い。
 ・新しいiPad Proの半値で買える。OSは一緒。
という条件を満たしているので、私個人の使い方ではこれで十二分である。

もちろん、第2世代のApple Pencilで溢れて止まないアイディアの数々を常に描き留めておきたい人にとっては少々不足なのかもしれないが。。。

Apple的には教育市場を狙った“法人モデル”なのだろうが、個人のニーズもこれで十分満たしてくれる。新しくて良いものについつい目を奪われがちだが、個人的には、第6世代のiPadを強くオススメしたい。

越美北線

ふと思い立って、越美北線に乗ってきた。

年の瀬の帰省ラッシュ、大きな旅行鞄を手に故郷へ向かう人々を見ていると、自分もちょっとどこかへ出掛けたくなってしまった。触発されたのである。

湖西線2814M 山科9:37→堅田10:05

f:id:oitanshi:20181231182131j:plain

特急は使わず、ローカルで行くことに。最初の列車は幸運にも117系。途中堅田までお世話になることに。中国人観光客が多かった。

f:id:oitanshi:20181231182710j:plain

山科からひと駅の大津京で、サンダーバードを退避。
117系は登場から約40年、かなり大胆なフォルムだと思う。

f:id:oitanshi:20181231190013j:plain

右手に琵琶湖を眺めながら。
雪雲が立ち込めてきたが、まだまだこのあたりは曇り。

湖西線3230M 堅田10:05→敦賀11:15

f:id:oitanshi:20181231190221j:plain

117系とは30分ほどでサヨナラして、堅田からは新快速に乗り換え。
車内は帰省客と思しき人達で賑わっていたが、なんとか席にありつけた。

f:id:oitanshi:20181231190604j:plain

近江舞子を過ぎたあたりから雪が激しくなり始め、さらに北進するとこの通り。
湖北と湖南でここまで違うとは。恐るべし滋賀県

途中の近江今津で切り離し作業、4両の身軽な編成となってループ線へ。
結局、里帰りの家族連れと思しき人々は終点の敦賀まで乗り通しているようだった。時間的にちょうどいいサンダーバードが無かったのか、はたまた指定席が満席で「混雑した自由席で行くくらいなら新快速でいいや」となったのか。


北陸本線1241M 敦賀11:38→越前花堂12:44

f:id:oitanshi:20181231190734j:plain

20分ほどの待ち合わせで、敦賀からは普通列車の福井行きに乗り換え。
ここからは電源が直流→交流に変わるので、交直流両用の521系が主役となる。新快速の乗り換え客を2両で捌ききれるはずもなく、あっという間に満席に。

f:id:oitanshi:20181231193203j:plain
武生、鯖江で乗客の入れ替わりがあったものの、終点の福井まで乗り通す人が多いように見受けられた。私は終点のひとつ手前、越前花堂駅で下車。越美北線のホームは少し離れた所にある。

f:id:oitanshi:20181231193530j:plain

越美北線のホームには、簡易的な待合室が設けられていた。
この越前花堂駅、今でこそ北陸線越美北線双方の列車が停まるようになっているが、元々は越美北線オンリーの駅として開業した。つまり、かつて越美北線北陸線が分岐していたのは福井駅ということになる。

まだ折尾駅が地上駅だった頃、鹿児島本線筑豊本線のホームがちょうどこんな感じの位置関係にあったっけ。

越美北線727D 越前花堂12:54→九頭竜湖14:20

f:id:oitanshi:20181231201023j:plain

15分ほどの待ち時間で、乗り継ぎの普通列車が到着。体質改善工事を終えたキハ120の単行だった。7分ほど遅れて到着したが、どうやら、車両点検で遅れていた特急「しらさぎ」からの接続をとっていたようだ。


f:id:oitanshi:20181231201336j:plain

車内は立ち客が出るほどの満員なので、車両後方の一角に陣取った。
この列車でもまた帰省客と思しき人達が多かった。

雪に覆われた田園地帯を、軽快なジョイント音を響かせながら走る。

f:id:oitanshi:20181231202026j:plain

f:id:oitanshi:20181231202040j:plain

外はかなり冷え込んでいるようで、途中並走する道路にあった温度計は2℃を指していた。

f:id:oitanshi:20181231202231j:plain

f:id:oitanshi:20181231202130j:plain

1時間半ほどの乗車で、終点の九頭竜湖駅に到着。
往路の列車の折返しがそのまま復路となるので、あまり滞在時間はない。

越美北線730D 九頭竜湖14:35→福井16:03

f:id:oitanshi:20190101011751j:plain

キハ120-204はラッピング車両。越美北線沿線をカバーする大野市越前大野城のラッピングを纏っていた。朱色に金色のアクセントを纏うことによって、まるで輪島塗のような高級感を漂わせることに成功している。

f:id:oitanshi:20190101012039j:plain

f:id:oitanshi:20190101012100j:plain

乗客はまばら。切れ切れになった雪雲の隙間から、傾きかけた冬の陽光が時折顔を覗かせる。降り積もった白雪の反射に助けられ、暮れなずむ田園地帯は、どこか子供じみた活気を帯びているようだった。

f:id:oitanshi:20190101012309j:plain

終点・福井に到着。行き止まりの2番のりばに到着。
これをもって、未踏の越美北線の旅は終了。福井駅の駅ビル内にある「8番ラーメン」で遅めの昼食兼早めの夕食をとって、やはり行きと同じく普通と新快速を乗り換えて帰りましたとさ。